HOME > GUIDE

六角堂(ろっかくどう)



現在の六角堂は江戸時代よりお山にありました四国八十八ヶ所霊場を昭和38年に移転する折、先代住職が四国の霊場をお参りし、それぞれのお砂を頂いて建立したお堂であります。
四国八十八ヶ所霊場は、弘法大師が自己の修練と人々の災難を除くために開かれた霊場であり、当山盛松寺では、一願成就の立江地蔵菩薩を中心に各霊場のご本尊をお祀りし、お参りすることにより災いを滅して、安穏を得ることができる霊場としたのであります。
お堂をお参りすれば、四国八十八ヶ所霊場をお参りした功徳を得ることができる、と伝えられております。


供養堂


供養堂一階では
■永代供養
■ご先祖さまへのお供養
■年忌・月命日のお供養


を受付いたしております。(ご宗旨は問いません)


詳しくはこちら

お写経


毎月21日 供養堂2階の客殿にて写経会をおこなっております。
写経用紙(なぞり用紙)、筆などはご用意いたしております。
願意をお書きになられた写経用紙は、毎月21日午後2時からの法要にて、お大師さまのご宝前にお供えし、お供養いたしております。納経料 三百円